Limited

茶心

5月の初旬に1芯2葉で手摘みしたものを使用。5時間かけてじっくりと揉み上げ、形状は針のようであり、味はホイロの風味、独特な甘みとコクがあります。茶殻は、醤油、ポン酢などをつけて召し上がれます。
尚、商標の「茶心」は、私の心、古来からの本当の茶の心、心を込めて撚った茶の形(針=心)を表して商標といたしました。

手揉み茶について

手揉み茶の美味しい淹れ方

はじめに、急須、湯のみを温めて準備しておいてください。小ぶりの湯呑み(お猪口くらいの大きさ)に七分目までお湯を注いでください。お茶の葉の量は一人あたり2グラムです。湯のみのお湯が60度位になりましたら、お湯を急須に注いでください3分間浸出させ最後の一滴まで注ぎきってください。やわらかな香りと、甘み うまみ手もみ茶でしか味わう事のできない壮快さをぜひご賞味ください。